会長あいさつ

一般社団法人日本獣医皮膚科学会 会長
永田雅彦

平成25年度総会にて新役員が承認され、同日開催された理事会にて互選により日本獣医皮膚科学会会長に就任しました。

本会は、今後の獣医皮膚科学の発展により一層寄与すべく、また社会的使命および責任をより高く認識すべく、本年度より一般社団法人に改組されました。もちろんわれわれの目指すところは常に一貫し、これまで多くの方々により育まれた目的および事業を継承いたします。

新生日本獣医皮膚科学会には特筆すべきことがあります。本会は 1998 年に学会となり、組織の立ち上げとして役員には皮膚科関係者とともに、組織運営に精通された方々にご参加を頂きながらここまで成長してきました。このような行程を経て、この度の役員は、大学、民間を含め、すべて皮膚科に造詣の深い方々により構成されるに至りました。いよいよ本格的な皮膚科事業が始まる本邦の皮膚科元年と言っても過言ではありません。これに合わせ、本会が創成期から活動期に入ったことをお伝えするとともに、この度の総会をもって会長を退任される岩﨑利郎先生をはじめとする歴代の会長、また長年にわたり本会の運営に携われてきた諸氏に敬意を表すとともに、厚く御礼を申し上げます。今後とも、本会の運営にご指導を賜りますようお願いを申し上げます。

本邦の皮膚科学に、そして社会に貢献すべく、そして会員の皆様から賞賛が得られるよう、新理事一同精力的に業務取り組ませていただきます。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。