WCVD8

第8回世界獣医皮膚科会議(WCVD8) 概要

日 時 平成28年(2016年)5月31日 - 6月4日
場 所 ボルドーコンベンションセンター、ボルドー市(フランス)
大会長 Didier Noel Carlotti(フランス)

プログラムの最新情報

※ 諸事情により内容が変更されることもあります。

  1. 臨床教育講演 “Peter Ihrke追悼講演(日本語同時通訳あり)”:世界中の獣医皮膚科専門医による一般獣医師向けの教育講演を充実
  2. 臨床教育講演 “上級編”:皮膚科専門医・研究者による専門教育講演
  3. 研究皮膚科学の進歩:基調講演、獣医学レビュー、研究助成講演
  4. 動物種別講演:猫・馬・エキゾチックアニマルの皮膚科学
  5. ウェットラボ:ダーモスコピー、皮膚病理組織学、細胞診、レーザー療法、耳科学に関する実習
  6. ワークショップ:獣医皮膚科学に関する特定の話題を対象とした討論会
  7. 日本人向け日本語セミナー:最終日(6/4)に大会中のホットトピックを総括
  8. 企業シンポジウム(一部日本語同時通訳の予定):企業協賛による盛りだくさんの教育講演(6/1)

基調講演:講演タイトルと講師

  1. 皮膚の遺伝学:Kerstin Lindblad-Toh (Broad Institute, 米国)
    「犬のゲノムと皮膚疾患」
  2. アレルギー学:前田貞俊(岐阜大学,日本)
    「皮膚の免疫系-最近の知見とアレルギーにおける役割」
  3. 皮膚の生物学:Ronald Marks (University of Wales, 英国)
    「皮膚の微小環境:健康と疾患はどのように皮膚の微小環境へと影響するか」
  4. 感染症学:Stephen Schwarz (Friedrich-Loeffler-Institut, ドイツ)
    「細菌の薬剤耐性- 我々はどこに向かうのか?獣医学と医学への影響」
  5. 診断学:Verena Affolter (University of California Davis, 米国)
    「皮膚病理組織学-新しい技術と皮膚病変とのリンク」
  6. 治療学:Peter Elias (University of California San Francisco, 米国)
    「皮膚科学におけるナノテクノロジー」

獣医学レビュー:講演タイトルと講師

  1. 皮膚の遺伝学:Tosso Leeb (University of Bern,スイス)
    「遺伝学研究室からクリニックまで」
  2. アレルギー学:Douglas DeBoer (University of Wisconsin Madison, 米国)
    「犬アトピー性皮膚炎における免疫療法の未来」
  3. 皮膚の生物学:Tim Nuttal (University of Edinburgh, 英国)
    「犬と猫のマイクロバイオーム-我々は何を知っているのか?」
  4. 感染症学:Edward Breitshwerdt (North Carolina State University, 米国)
    「バルトネラ症:新興感染症における「ひとつの健康」への展望」
  5. 診断学:Luca Guardabassi (University of Copenhagen, デンマーク)
    「微生物学に関する新しい診断検査」
  6. 治療学:Thierry Olivry(North Carolina State University, 米国)
    「止痒療法に関する最新のトレンド」

フェローシップ制度

勤務獣医師、研修獣医師または獣医系大学の学生を対象としたフェローシップ(渡航参加助成)制度があります。

企画中のイベント

※ 諸事情により内容が変更されることもあります。

  1. Meet & Greet(5/31):国立オペラハウスでワインを片手に友人達との再会を楽しむパーティー
  2. ウェルカムレセプション(6/1):開会式の後にボルドーの名物料理で乾杯
  3. 日本人向けソムリエ・ディナー(6/2):現地ソムリエによるワインレクチャーと試飲のあとでフランス料理を堪能
  4. ボルドー・ナイト(6/3):有名なシャトー・ジスクール(Chateau Giscours)にて本格シャトーワインとフランス料理を堪能

※ ガーラ・ディナーは中止となりました。

オプショナルツアー

ボルドー・シャトーツアーや市内観光などの企画を検討中です。

学会インフォメーション・お問い合わせ

大会ホームページ www.vetdermbordeaux.com/

3rdアナウンスメント

募集型企画旅行:日洋航空株式会社


ボルドー体験記はこちら